ようこそECHOへ!

ここは都留文科大学TOSS学生サークル「ECHO」によるホームページです。

熱意みなぎる仲間や先生方と楽しく勉強しています。サークル名「ECHO」には、一方通行ではなく掛け合いのある授業をつくりたいという願いが込められています。お立ち寄りの際は、 BBSにメッセージをよろしくおねがいします! (^^) /

 

☝授業力向上!文大セミナー開催!☝

  ☞詳しくはサイト内の「SCHEDULE」で!即チェック!

TOSSとは?

TOSSは、教師が一人だけで苦しまず、優れた教師とても授業の技量を秘匿せず、先生方みんながそれぞれ持っている得意な教育技術、教育指導のスキルを、互いに情報交換しようという運動を起こした。それは、20世紀末の18年間、教育技術の法則化運動と命名され、自主的な運動として花開いた。合宿研修での学びあい、教育技術の書籍、授業書シリーズの出版などで広く紹介された。教育技術の法則化運動、は若い教師を中心に広がり、日本で最大の教育研究団体になった。

21世紀になり、インターネットというテクノロジーに出会うと、それが、教師お互いのスキルの学びあいや情報の交換という理念にぴったりのツールであることが分かった。しかもリアルタイムの交流が出来るようになった。教育技術の法則化運動は、インターネットの時代を迎えて勢いを得た。TOSS(Teachers Organization of Skill Sharing)と名前を変えて再出発したのである。それがTOSSの由来である。

そして、TOSSは、2000年5月、上述の考えにのっとって、授業に役立つ教師のためのポータルサイトTOSSランドを構築し、公開した。本サイトに登録された全コンテンツがTOSSのメンバーの制作である。

子どもが漢字を正しく書ける、算数の原理と計算力がきちんと身に付く基礎学力の定着にはどのように指導すればよいか?小学校英会話教育、特別支援の教育などをどう指導するか?学習内容が分からない子どもの指導はどうするか?クラスが荒れてしまった時どうするか?給食の時ケンカが起こったらどうするか?若く教師になったばかりの先生は何も分からず一人で苦しんできたことが多い。大学での授業でも学校内の研修でも、公的な行政研修でも、そういうことは教えないからである。

このような具体的な教育問題に正対し、あらゆる教育場面での教育技術の確立をめざしているのがTOSSである。

(引用:「TOSSランド」http://www.tos-land.net/)