都留文TOSSデー 第1回

都留文TOSSデー第1回が昨日行われました。初参加の方が6名も来て下さり、とても嬉しかったです!引き続き講座を開いてくださった渡辺大祐先生のおかげです!緊張を一瞬にして解きほぐす先生の柔かい表情や声、細分化された講座の組立から一つでも多くのことを学び取り、自分のものにしていこうと思います。
渡辺先生、ECHOの皆様、講座に参加してくださった皆様、これからもどうぞよろしくお願いします!(^-^)
以下、詳細です。

日時:3月29日(木)18:30~19:45
場所:都留文科大学 3302教室
テーマ:教師になるための準備連続講座「授業の基礎基本&採用試験対策」

資料代:無料
参加者:17名(+講師1名)
講座の流れ:
18:30 第一講座 子どもたちの前に立つ練習をしてみよう①「目線を意識する」
18:50 第二講座 採用試験対策①「一次試験対策 勉強法」
19:10 休憩
19:20 第三講座 実際に授業してみよう①「話す聞くスキルを使った模擬授業」

コメント: 2
  • #2

    山下薫 (日曜日, 01 4月 2012 09:28)

    渡辺先生、ありがとうございます(^-^)
    人とのつながりほど深くて面白いものはないですね。
    もっともっと多くの人と関わり、もっともっと多くの考え方に触れていきたいです!

  • #1

    渡辺大祐 (日曜日, 01 4月 2012 05:39)

    盛況でしたね!
    学生の学ぶ意欲、本当にすごいです。こちらも熱くなります。
    以下の感想などをもらいました。
    次回21日にも楽しみです。


    初参加です。とても勉強になる時間を過ごすことができました。どんな雰囲気なのか、どんなことをするのか、何も分からずに講座に参加させていただ いたのですが、先生や参加されているみなさんの表情が明るく、やわらかいものだったので、スッと教室に入ることができました。となりや周りの人た ちと話すこともでき、皆さんの意欲の高さも感じました。私は今、教員への道を悩んでいるので、とてもいい刺激を受けました。考える要素をたくさん いただけました。今日は本当にありがとうございました。


    今日はありがとうございました。皆さん積極的な態度に勢いづけられました。授業をおもしろく的確にする。目線・表情、人と接することの根本を振り 返ることができた気がします。技術を付けるために勉強していくわけですが、子ども側から学びに来るわけではないので、教師の側から語りかけること が大切だと感じました。
    子供は自分の思っている以上に雰囲気や表情を感じ取ります。そんな中で授業をする、という大きなプレッシャーがあるのですが、練習で半分くらいは なくなるかなと思いました。
    4月に塾講師の試験で、中学2年生に「字のないはがき」を教えます。生徒はいませんが、今日のことは忘れずに頑張りたいです。


    とてもわかりやすく、面白い授業(講座)でし。初めての参加でしたが、中に入っていきやすく、楽しかったです。授業で前に立つことは緊張しますが、そのドキドキ感が味わえてよかったです。ぜひまた参加したいですし、採用試験勉強の励みにもなりました。直接方法だけを教えるのではなく、先 生から盗むというレベルの高い授業になtていたと思います
    褒められることはいくつになっても嬉しいですし、明るい気持ちになりました。


    人前で話をするのは、あまり苦手ではないと思っていたけれど、相手の目を見て話すということを、これから意識していきたいです。
    採用試験の勉強は今のうちから少しずつ進めていき、自信をつけたいと思います。
    模擬授業では生徒一人一人を意識しながら、短い指示を出して行けたらよいなと思いました。
    今日初めての参加でしたが、雰囲気も良く、すごく勉強になりました。ぜひまた参加したいと思います。ありがとうございました。