★4月11日 例会かんそう★

◆今回の例会の参加者
→阿部、助佐、森本、山下薫、山下万の5人

 

◆4月11日の例会で出た感想
・集団面接の練習は、少人数(今回5人でやったように)で行う方がよかった。
少人数の方が、皆の意見を覚えやすい、いいところを拾いやすい。人数が多いと誰がどんなことを言ったのかわからなくなってしまう。
1人か2人、面接官的ポジションに座っておくと、緊張感が生まれるし、目線も定まりやすくなっていいと感じた。
・模擬授業も面接練習もここで発表する前にきちんと声に出して練習してくればもっと良い会になると思った。自分は今回、準備不足で臨んでしまったため「うまくできなくても許してね」という甘えた気分でグダグダになってしまった。そういう雰囲気をつくらないようにしたい。
・面接で、何かを見ない方が良いのかな?と思った。(その時に考えてパッと言うことが面接時に大切なことかな?と。)
だから、テーマを伝えられてもキーワード的に覚えた方が良いのかな・・・?あと、”教育時事”を10分の一次対策にするのはすごく良いと思いました!!(面接でもテストでも扱われる内容だから。)
・初めて参加をしてみて、模擬授業や教採対策がとてもためになりました。面接は苦手なので練習をしていきたいと思います。ECHOを通して、意見交換をたくさんして力を伸ばせたら良いと思いました。
・人数は少なかったが、充実した内容でした。”2センテンス”(私は~だと思います。なぜならだからです。の2文で答える)だと頭に残りやすい気がします。
・他の人の原稿をちら見するとたくさんの文章が並んでいて、面接官に伝えたいことは、たくさんあるのだなあってモチベーションの高さを感じました。刺激になりました。
 
◆今回の例会の反省から決まったこと
→①5人1組の小グループを作り、集団面接をする
 ②1人か2人は面接官的ポジションに座る
 
◆次回の模擬面接のお題
→「なぜその校種を志望したのか」