ストックした言葉

今回ストックした言葉は渋谷昌三さんの

「人を傷つける話し方、人に喜ばれる話し方」の中の言葉です。

読んでて「いいな」と思った箇所を挙げます。

・顔色や視線から、「あっ、この話題は、ここでやめておこう」と気づけるかどうか、そこが問題なのです。

・落ち込んでいるときには、ほとんどの人は孤独を感じているものです。人を慰めようとするときは、まず、その孤独感を癒してやろうというところから始める のがいいようです。相手を慰めたい、励ましたいというときに大切なのは、伝えるべきことは言葉ではなく、その気持ちのほうなのです。
 
・肩をたたくという何気ない動作の中に、「いまはそっとひとりにしてあげる」「オレたちがついてるから、だいじょうぶだ」という二重のメッセージが込めら れていて、とてもいい感じです。「言葉ほど、自分の思いを伝えるのに大切なものはない」というのと同時に、「自分の思いを相手に伝えるのは、言葉だけでは ない」と気づいたときこそ、本当に相手の気持ちを察する話し方ができるようになっているように思うのです。

 

言葉だけではないコミュニケーションの可能性。

学んだことを日々のコミュニケーションに活かしていきます。