いい話シェア!

渡辺大祐先生の1月28日のSNSの記事に感動しました!

ぜひ共有したい!!と思ったので、シェアさせていただきます(^O^)

以下、引用。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日、花巻東野球部監督の佐々木先生の講演を聞く
機会がありました。
その中で多くの方に知っていただきたいという情報がありました。
それは次の話です。

1メートルほどジャンプするという蚤を、30センチの高さの
箱に入れます。
すると、蚤はジャンプすると頭をぶつけて落ちます。
ジャンプしてぶつかる、ジャンプしてぶつかる
を繰り返していると、次第に蚤は28センチくらいしかジャンプ
しなくなります。

箱をとっても、28センチほどしかジャンプせず、1メートルを
ジャンプすることはなくなります。

失敗を繰り返していると、人は、挑戦出来なくなる
狭い環境の中では、自分を発揮できない

このことは、本などにもよく書かれており、知っていらっしゃる方も
多くいるのではないかと思います。

しかし、昨日の話では、この続きを教えてもらいました。

「28センチしか跳べなくなった蚤をどうすれば1メートル
跳べるようにするか」
という話です。

みなさんんだったら、どのようにされるでしょうか。

佐々木先生は次のように話しました。

それは、1メートル跳んでいる仲間と一緒にする

ということでした。他の人が跳んでいる中にいると、自分も
跳べるようになっていくのだ。

ということでした。

この話、学級の生徒にも話したいと思いましたが、同時に、
「セミナーも同じだな」と思いました。

元気な人、実践を積み重ねている人のそばに行くことで、自分も
元気になったり、実践を積み重ねていこうと思う。

セミナーには、そんな魅力があります。
そういえば、私も昔から今に至るまで、そうだったなということを
思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この話、今の私の心にドストライクの内容でした。

自分も今はジャンプできなくても、なんなくジャンプしている人たちと同じ空間で同じ時間を過ごすことで、乗り越える力を自分で創り出していけるようになりたいと思いました。