★2月22日 ガリ研かんそう★

2月22日、ガリ研(教材研究を主としたサークル内ユニット)の例会があったので報告させて頂きます!

◆現時点のガリ研メンバー
阿部大地(リーダー)、小幡瑞香、鈴木祥恵、田村芽生、山下薫、山下万里子、赤間圭城、秋山佑理、関和瞳、山田千鶴の10人
◆2月22日(金)のガリ研参加者
→関和、鈴木、山下薫の3人
◆今日検討した教材
・清兵衛と瓢箪(高1国語総合の教材)
・百人一首札覚え競争(ビーチフラッグのように教卓においてある札を取りにいく♪)
◆2月22日(金)のガリ研で出た感想
・教師の立場に立って、文章を捉えるのが新鮮でした。生徒の多様な答えにどう反応するかどう生かしていくかが課題だと思いました。柔軟性のある授業展開がしたいです。国語の評価の難しさを考えるいい機会になりました。
・実際に授業の場面を想像しながらやるので、予測する力がついて良かったと思います。子どもの側になると先生がよく見えるので改善すべき点や良い点がわかります。もっと10原則を意識しながらできると次につながるんじゃないかな?
・今日、ガリ研一回目ということで戸惑うこともあったけど、一人で教材研究しているだけでは見つけられなかったような意見や発想があって良かったです。 やってみて思ったのは、このままだとマズイということです。教材をパッと見ただけで身につけさせたい力や授業展開が頭に浮かぶレベルになるように修行します。

どうしたらワクワク修行できるのか、考え続けたいと思います!(^^)