2月25日【授業力向上!文大セミナー】報告

225日【授業力向上!文大セミナー】があったので報告させて頂きます(^^)

 

日時:225()19:0020:30

場所:都留文科大学3号館3203教室

主催:法則化サークル「明日」(代表:渡辺大祐先生)

参加者数:参加者8名、講師3名(合計11名)

講座日程:

【第一講座】 19:0019:20

 授業の原則10箇条ダイジェスト版(*1)

【第二講座】 19:2019:50

 DEF表ライセンス(*2)

(休憩10分)

【第三講座】 20:0020:20

 授業づくりをしてみよう

※注釈

*1…「授業の原則10ヶ条」=授業技量向上のための原則。

*2DEF表ライセンス=「教師の腕試し」。教師の技量向上のための指針。

 

参加者の感想:

・とても勉強になりました。先生方も、皆も、すごくて、刺激的でした。最近たいだな生活をしているので気がひきしまりました。国語の解釈をどうするかというのは、私はとても疑問に思っていたので、解しょうされてスッキリしました。(国文4年・女性)

・ライセンスを受験しましたが、準備不足でした。現場に入ったら、それではだめだと思うので、今から、本気で取り組む、準備をきちんと行うくせをつけていきます。今までは読むこと・見ること・聞くことが多かったですが、これからはもっと自分で実践していきます。ありがとうございました。(国文4年・女性)

・3人の先生方が来て下さり、緊張感をもって最後まで取り組むことができました。自分の弱点を改めて実感でき、後輩のみんなに対して「こうはなりたくない」という危機感を植えつけられたと思います。まだ教壇に立った時のドキドキがおさまらないので、家に帰って自分の授業をよく見直します。卒業までに先生を含め皆で飲みたいんですがどうでしょうか。(国文4年・女性)

・渡辺先生の講座を受けるのは久しぶりだったので、受けてるだけでワクワクしてしまいました。いつも褒めてもらえるので、ものすごく楽しくなります。今回、ライセンスを受けてみて、やはり見ているのと授業するのでは全く違うんだなと思いました。こういう機会を逃さずに、前に立ち場数を踏み、少しずつ自分の限界を広げていきたいです。(国文4年・女性)

・授業の十原則の大切さを改めて実感できました。生徒に明確に指示を出したり、活動の意味を説明したりと実践できるように頑張りたいと思います。(国文4年・男性)

・自分が今まで模擬授業としてやってきた形とは違っていて、新たな方向性をみつけられたと思います。自分の模擬授業が、どうしても大学の講義に近いと言われてしまっているので、もう一度、自分が何を生徒に教えたくて、気づかせたいのか、考えて授業をつくりたいと思いました。模擬授業で楽しいと思ったのが久しぶりでした。そんな授業を作るスキルの一つになったら良いと、セミナーを受けて思いました。(国文3年・女性)

・自分の考えをぱっとまとめる力と、簡潔に伝える力が欲しいです。国語力を子どもたちに求めると同時に、自分自身も国語力、言語能力を伸ばしていきたいと思います。声と表情の明るさ、大きさが足りていない自覚があるのでみなさんのことを見習いたいと思います。(国文3年・女性)

・とてもタメになりました!実践してみたくなる技ばかりで、自分も(先生方がされていたように)授業してみたいと思いました。QAでは、自分の教育実習で課題になっていたことに答えていただけて嬉しかったです。また参加したいです!3/18は来られないので、もっとこういう機会があるといいと思いました。(国文3年・女性)